水月観音像特別拝観

水月観音像については、新しい拝観方法を検討中です。

水月観音

木造彩色 水月観音坐像

岩にもたれて、水面に映った月を見る観音像。こうした姿の観音像は水墨画に多く、中国の宋から元時代に大流行した。中国で大流行したにもかかわらず、日本では鎌倉周辺にしか見られない。かつては室町時代あるいは南北朝時代の作とされていたが、頭髪や衣の写実的な表現がみごとであり、鎌倉時代13世紀の作と見られるようになった。銅製の冠、胸飾などは後世補われたもの。

神奈川県指定文化財
鎌倉時代・13世紀
像高34.0cm
木造、金泥塗・彩色、玉眼

拝観時間
未定です。